オメガ3系脂肪酸の効果・効能

MENU

オメガ3系脂肪酸の主な効能・効果とは?

 

最近、テレビや雑誌等の健康情報などで、少しずつ耳にするようになったオメガ3系脂肪酸。

 

なんとなく体に良さそうというイメージですが、どのような効果があって、何から摂れば良いのでしょうか?

 

 

オメガ3系脂肪酸は、生活習慣病の予防や、健康促進に効果が期待される良質な油のことです。

 

DHA(ドコサヘキサ塩酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)が主成分で、摂取することで、血液中の脂質濃度を減少させる働きがあるといわれています。

 

 

血液中の脂質濃度が下がると、体にとってたくさんの良い効果が得られます。

 

  • コレステロールが減少することで、悪玉コレステロールが下がる
  • 中性脂肪を下げる
  • 動脈硬化・心筋梗塞・高血圧の予防になる
  • 高脂血症予防になる

 

など、気になる生活習慣病の対策としても、積極的に摂りたい油です。

 

また、脳の活性化やアトピーやダイエットにも効果があるといわれ、生活習慣病が気になる世代だけでなく、子供からお年寄りまでうれしい効果が期待できます。

 

 

オメガ3系脂肪酸は高含有食品やサプリメントで積極的に

 

ではオメガ3系脂肪酸は、どのようにして摂れるのでしょうか?

 

オメガ3系脂肪酸が含まれる食品として代表的なのが、イワシ・サンマ・アジなどの青魚。

 

お子さんには魚肉ソーセージなども良いかもしれません。

 

 

他には、えごま油・シソ油・亜麻仁油・くるみ・緑黄色野菜・豆類などの食品にも含まれています。

 

食品で摂るのが理想的ですが、毎日必要な量を摂ろうとすると、なかなか難しいもの。

 

毎日効率よく摂取するために、手軽に摂れるサプリメントもオススメです。

 

 

現在、さまざまなサプリメントが販売されているので、自分にとって飲みやすいものを見つけてみてください。

 

次の生活習慣病の結果を見るのが、きっと楽しみになってくるはずです。

 

オメガ3の厳選おすすめサプリ!

品質・配合量・値段などを比較しておすすめのオメガ3サプリを厳選いたしました!

 

数あるサプリメントの中からどれを選んでよいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

オメガ3サプリ比較
>>当サイト、オメガ3サプリのおすすめはこちら<<

 

 

オメガ3 サプリ トップページへ

常温で固まらず人の体の中で液体の状態を保持する植物性脂肪は、血液をサラサラにして健康を促す働きがある不飽和脂肪酸を多く含んでいます。この不飽和脂肪酸には一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸の2種類があり、このうち一価不飽和脂肪酸のオレイン酸はオリーブオイルなどが有名で血中の悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす脂肪酸の優等生として知られます。他方、多価不飽和脂肪酸はさらにオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の2種類に分類されています。オメガ6系脂肪酸はコーン油やひまわり油など一般的な植物油に含まれている脂肪酸でこちらもコレステロールを下げる働きがありますが、この中のリノール酸が悪玉コ...
オメガ3系脂肪酸には様々な健康効果がありますが、それはオメガ3系脂肪酸の脂質が血液中の脂質を低下させる効果があることによるものです。オメガ3系脂肪酸は脂肪ですが、ドロドロとした脂肪ではなくサラサラとした脂肪で、その働きは血小板の凝固を防ぎ、血中の中性脂肪やコレステロールを低下させてくれるのです。逆に中性脂肪やコレステロールが高くなると、その脂質が血管内で血栓と呼ばれる塊りとなり、血管を詰まらせてしまいます。これが脳で起こると脳梗塞となり、心臓で起こると心筋梗塞となります。それ以外にも中性脂肪やコレステロールが高いことで血管年齢が進行し、血管が硬くなり破れやすくなりますので、脳内出血やくも膜下出...
青魚やえごま油などに含まれるオメガ3系脂肪酸。この成分をうまく活用すると美しくダイエットができると評判です。ダイエットに効果的なオメガ3系脂肪酸とは何なのでしょうか。脂肪酸について脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれ、不飽和脂肪酸はその構造からオメガ3、オメガ6、オメガ9に分類されます。オメガ3系脂肪酸は細胞が正しく機能するために必要な成分とされ、青魚、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などに多く含まれています。オメガ3系脂肪酸は血液中の脂質濃度を下げるといわれているので、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしたり、動脈硬化や心筋梗塞の予防、高血圧予防、脂肪肝予防、加齢黄斑...
オメガ3系脂肪酸とはDHAやEPAなどの脂肪酸のことをいいますが、これには様々な健康効果があることが分かってきました。現在日本人の死因で第2位となっている心疾患や第3位となっている脳疾患は、どちらも動脈硬化や高血圧などの生活習慣病が関わっています。これらのリスクを軽減させてくれるのがオメガ3系脂肪酸になります。これは北極圏に住んでいるイヌイットと呼ばれる人達が野菜や果物をほとんど食べないのに、心筋梗塞になる人が少ないことに疑問を持った学者の方が調査した結果によるものです。イヌイットの体を検査してみると、血液がサラサラで動脈硬化の進行がほとんどなく健康そのものだったのです。そして何がその要因とな...
高血圧はこんなに怖い血圧の正常値は、収縮期血圧130〜139、拡張期血圧85〜89と言われており、これ以上になると「高血圧」に分類されます。高血圧の状態を放置していると、動脈硬化を促進し、脳卒中や心疾患、あるいは慢性腎臓病などの重大な病気につながる恐れがあります。高血圧と診断された時点で動脈硬化も始まっている可能性が高く、血流が悪くなり血管も硬くなっているかもしれません。血液中のコレステロールや中性脂肪が増えると血管が狭くなり、そうなると血液の流れをよくしようとする体の働きで余計に血管に圧力がかかってしまうのです。高血圧が長く続くと、血管や心臓に無理な力がかかり、血管の壁がダメージを受けて脳梗...
オメガ3系脂肪酸には様々な働きがあり、この働きによって生活習慣病や、そこからつながる重大な病気の予防にも効果的になります。オメガ3系脂肪酸は脂です。脂と聞くと体に悪いように思いますが、この脂肪酸は血液中の中性脂肪やコレステロールなどを低下させてくれ、その結果血液をサラサラにしてくれる効果があります。脂肪肝とは内臓に脂肪が溜まってしまった状態で、脂肪肝になると肝機能が低下してしまい、肝硬変や肝臓がんなどの重大な病気を併発する危険性があります。この脂肪肝の原因となるのが食生活でアルコールの飲みすぎや、高カロリーなものを摂りすぎているなどです。また中性脂肪が異常に増大してしまうことが多く、これも様々...
近年、アレルギーやアトピーで悩んでいる人が増えています。その原因の一つとして、現代の食生活にあるとも言われています。外食やテイクアウトが当たり前の様になった今の時代、知らないうちに油を多く摂取している場合もありますよね。実はアレルギーやアトピーを引き起こす原因は、油にあるとも言われている事をご存知でしたか?油には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。飽和脂肪酸は、動物性油やバターなどで、不飽和脂肪酸は植物油などです。不飽和脂肪酸の中にも、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸が存在ます。特にこの、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の摂取バランスが悪いと、アレルギーやアトピー症...
お肌に悩みがある方や、ダイエットしている方の中には、油をひかえている方も多いと思います。油=脂肪、油=テカリ=肌荒れというイメージで、油は敵だと感じているためだと思いますが、実は、油の中にもとった方がいい油というものがあるのです。それは、オメガ3系脂肪酸といわれるもので、身体に良い効果があると言われています。油の中に含まれる脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。健康によいといわれている不飽和脂肪酸は、さらにいくつかに分類され、代表的なものにオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸があります。オメガ3系脂肪酸を含む油は、炎症を防ぐ効果などもあり、ホルモンバランスを整えるのにとても役立つとも...
リウマチとオメガ3系脂肪酸の関係については、良い効果があるとされています。元々血液の流れや血管に良いとされる油ですが、辛い関節痛に悩むリウマチの原因は、免疫機能の異常とされています。この漠然とした表現でしかないのですが、ではなぜ免疫機能が異常になるかはわかっていません。ですから、根治も難しく、現在使用されている治療薬にしても、対処療法にすぎないとされています。油と聞くと、体に良いというのは意外な気がしますが、オメガ3系脂肪酸に関しては、積極的に摂取した方が良い油になります。魚油として、脳の活性化などにも役立つものです。潤滑油として、滑らかに働くことにより、異常に働く免疫機能を鎮めることができる...
脂質は人の身体に欠かせない栄養素のうちの一つです。細胞を取り巻く膜も脂質で出来ていますし、脳も主に脂質で出来たがっており、ホルモン生産にも重要な成分です。脂質は摂り過ぎると肥満や動脈硬化、高脂血症などの悪影響がありますが、不足するとエネルギーが足りなく体力不足の原因になります。そして適度な量の摂取はコレステロールを下げたり、心疾患の予防、アレルギーの予防、皮膚炎の改善など様々な良い効果があるのです。脂質の主な成分である脂肪酸はたくさんの種類があります。日頃摂取している食べ物の中に含まれている脂肪酸ですが、摂り過ぎになりやすい脂肪酸と不足しやすい脂肪酸があります。大切なのはどの種類の脂肪酸もバラ...
オメガ3系脂肪酸は人間の体内に存在し、食物などにも含まれる脂肪酸と呼ばれる物質の一種です。脂肪酸という物質はその構成によって「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分類され、さらに不飽和脂肪酸はその構成によって3種類分類されており、オメガ3系脂肪酸はその不飽和脂肪酸のうちの一種となっています。オメガ3系脂肪酸は人間の体内の細胞において細胞膜を構成する物質のうちの一つであり、細胞が正常に機能するために必要不可欠な役割を担っていることから必須脂肪酸と呼ばれることもあります。また、オメガ3系脂肪酸には代謝をあげて中性脂肪を下げ、脂肪細胞の増殖を抑える作用をはじめ、血液の流れを良くする作用など、身体...
オメガ3系脂肪酸を摂取することで、記憶力を向上をサポートしてくれるといわれています。これは脳の血流を改善することで、働きを活性化することが出来るからです。脳は使っている部位には血液の流れが良くなるという性質があります。しかし元々の血液の流れが悪い状態であると、この性質が上手く機能しなくなってしまうのです。そのため記憶力をよくするためには、血液の流れが良いことが大前提であるのです。オメガ3系脂肪酸が記憶力に対して効果を発揮してくれるのは、血液の流れを改善してくれるということが期待できるからです。血液中の脂質の量を減らしてくれる効果があるので、血管に血栓を作ってしまうことを防いでくれます。そのため...
オメガ3が白髪に効果的!と言われるのはなぜなのか、その成分の力が白髪にどうやって作用するのかがわかれば、さらに納得できますよね!オメガ3が白髪にいいといわれるのはなぜなのか、いろんな角度から考えてみましょう。