オメガ3系脂肪酸の成分

MENU

オメガ3系脂肪酸の成分

 

オメガ3系脂肪酸の成分(種類)には、

 

  • DHA(ドコサヘキサエン酸
  • EPA(エイコサペンタエン酸)
  • ALA(α−リノレン酸)
  • DPA(ドコサペンタエン酸=シールオイル)

 

があります。

 

 

ではそれぞれどのような効能があり、摂取することでどのような効果が得られるのでしょうか?

 

オメガ3の成分をひとつずつまとめてみました。

 

オメガ3の厳選おすすめサプリ!

品質・配合量・値段などを比較しておすすめのオメガ3サプリを厳選いたしました!

 

数あるサプリメントの中からどれを選んでよいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

オメガ3サプリ比較
>>当サイト、オメガ3サプリのおすすめはこちら<<

 

 

オメガ3 サプリ トップページへ

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられ、不飽和脂肪酸はさらにオメガ3系脂肪酸(n-3系脂肪酸)、オメガ6系脂肪酸(n-6系脂肪酸)、オメガ9系脂肪酸に分けられます。α−リノレン酸(ALA)は、オメガ3系脂肪酸に分類される脂肪酸で、青魚やエゴマ、シソ、亜麻、くるみ、緑黄色野菜、豆類などに多く含まれます。オメガ3系脂肪酸の成分のひとつであるα−リノレン酸は、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸で、体に欠かせない成分です。オメガ3系脂肪酸の脂肪酸の主な働きは、細胞膜の構成するための成分になることですが、そのほかにもさまざまな働きがあります。その働きとして一番に挙げられるのは、血流改善や...
EPAはエイコサペンタエン酸と呼ばれる脂肪酸の一種です。脂肪酸はそれを構成する元素の結合のタイプによって「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分類され、エイコサペンタエン酸(EPA)は後者の不飽和脂肪酸に分類されています。不飽和脂肪酸については、その構造によりさらに細かく分類されており、EPAはそのうちのオメガ3系脂肪酸に分類されています。オメガ3系脂肪酸は体内の細胞膜を構成する物質の一つであり、細胞が正常に働くために必要不可欠な栄養素だと考えられています。それら以外にも、体内の炎症的な変化を軽減する効果や、異常な血液凝固を防ぐ効果、さらにはガン細胞の発生を抑制する効果などがあることも研究...
人の身体に欠かせない3大成分は、脂質、糖質、タンパク質です。脂質は身体を動かすエネルギー源でもあり、血液、細胞、ホルモンを作る原料でもあり、脂溶性ビタミンの吸収を助けたりと身体に良い影響があります。摂取しすぎは肥満や動脈硬化、高脂血症になりますので、適度な摂取量が大切です。脂肪の主成分である脂肪酸は種類があり、どの種類も働きが違うのでバランスよく摂取しなければなりません。オメガ3系脂肪酸は脂肪酸の種類の中でも不足しやすいのです。オメガ3系脂肪酸は体内で作られないので食事から摂取することが大切です。含まれている食べ物は、エゴマ油、亜麻仁油、シソ油、くるみ、イワシやアジ、サバなどの青魚です。加熱す...
人間の体は様々な栄養素を摂取していくことで、病気にならないように健康を維持したり、老化の進度を緩やかにしたりしています。オメガ3系脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種であり、人間の体を活性化する為に不可欠な栄養素となっています。オメガ3系脂肪酸にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPAなどといった成分があり、近年健康食品メーカーから販売されているサプリメントなどに配合されることが増えています。DHAやEPAといったオメガ3系脂肪酸の成分は、魚に含まれていることが多く、特に鯖やイワシやタラやオキアミなどに豊富に含まれています。オキアミから抽出した場合、鯖などよりも体がオメガ3系脂肪酸を吸収しやすいという特徴...