オメガ3系脂肪酸の成分「DPA」について

MENU

オメガ3系脂肪酸の成分「DPA」について

 

人の身体に欠かせない3大成分は、脂質、糖質、タンパク質です。

 

脂質は身体を動かすエネルギー源でもあり、血液、細胞、ホルモンを作る原料でもあり、脂溶性ビタミンの吸収を助けたりと身体に良い影響があります。

 

摂取しすぎは肥満や動脈硬化、高脂血症になりますので、適度な摂取量が大切です。

 

 

脂肪の主成分である脂肪酸は種類があり、どの種類も働きが違うのでバランスよく摂取しなければなりません。

 

オメガ3系脂肪酸は脂肪酸の種類の中でも不足しやすいのです。

 

オメガ3系脂肪酸は体内で作られないので食事から摂取することが大切です。

 

 

含まれている食べ物は、エゴマ油、亜麻仁油、シソ油、くるみ、イワシやアジ、サバなどの青魚です。

 

加熱すると酸化しやすいという特徴があるため、油はサラダにかけるドレッシングとして。

 

魚は刺身にするか、調理後すぐに食べることで効率よく摂取できます。

 

焼き魚だと油が落ちてしまうので、少量の水で煮魚が適しています。

 

 

オメガ3系脂肪酸の種類は、DHA、EPA、αリノレン酸、DPAです。

 

DHAとEPAは青魚に含まれる成分として有名です。DPAは別名ドコサペンタエン酸と言われアザラシの油に多く含まれる成分です。

 

最近ではEPAよりも動脈硬化防止効果が高いオメガ3系脂肪酸であると注目を浴びています。

 

 

DPAの主な効果は、動脈硬化の改善と予防、中性脂肪の低下、悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを上げる、血糖値や血圧値を下げる、痴呆症の改善、目の健康促進などです。

 

その他に、病的な原因でおこる血管新生を抑制する効果があります。

 

DHAとEPAは普段の食事からも摂取することができますが、DPAの摂取は難しい為、サプリメントで摂取しなければなりません。

 

オメガ3の厳選おすすめサプリ!

品質・配合量・値段などを比較しておすすめのオメガ3サプリを厳選いたしました!

数あるサプリメントの中からどれを選んでよいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

オメガ3サプリ比較
>>当サイト、オメガ3サプリのおすすめはこちら<<


オメガ3 サプリ トップページへ