オメガ3系脂肪酸の成分「EPA」について

MENU

オメガ3系脂肪酸の成分「EPA」について

 

EPAはエイコサペンタエン酸と呼ばれる脂肪酸の一種です。

 

脂肪酸はそれを構成する元素の結合のタイプによって「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分類され、エイコサペンタエン酸(EPA)は後者の不飽和脂肪酸に分類されています。

 

 

不飽和脂肪酸については、その構造によりさらに細かく分類されており、EPAはそのうちのオメガ3系脂肪酸に分類されています。

 

オメガ3系脂肪酸は体内の細胞膜を構成する物質の一つであり、細胞が正常に働くために必要不可欠な栄養素だと考えられています。

 

それら以外にも、体内の炎症的な変化を軽減する効果や、異常な血液凝固を防ぐ効果、さらにはガン細胞の発生を抑制する効果などがあることも研究によって解明されています。

 

 

オメガ3系脂肪酸についてはまだ研究が行われている段階で、こうした効果が解明されたのも比較的最近のことです。

 

現段階では細胞膜を構成する脂肪酸のバランスが崩れた状態では細胞の機能に異常が発生し、様々な病気を引き起こす原因の一つとなることが解明されており、そうした理由からオメガ3系脂肪酸は必須脂肪酸とも呼ばれています。

 

 

しかし、オメガ3系脂肪酸は身体の健康状態を保つのに必要不可欠である一方で、人間の体内では生成することができません。

 

そのため不足したオメガ3系脂肪酸を補うためには、食物やサプリメントを摂取する以外の方法はありません。

 

 

オメガ3系脂肪酸にはEPAやDHAなどの種類があり、それぞれの栄養素を効率良く摂取するためには、それぞれの栄養素が多く含まれる食物を選ぶ必要があります。

 

オメガ3系脂肪酸は魚類に多く含まれており、中でもEPAは北方の冷たい海に生息する脂身の多い青魚に多く含まれることがわかっています。

 

オメガ3の厳選おすすめサプリ!

品質・配合量・値段などを比較しておすすめのオメガ3サプリを厳選いたしました!

数あるサプリメントの中からどれを選んでよいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

オメガ3サプリ比較
>>当サイト、オメガ3サプリのおすすめはこちら<<


オメガ3 サプリ トップページへ