オメガ3系脂肪酸の豆知識

MENU

オメガ3系脂肪酸の豆知識

 

近年注目の高いオメガ3系脂肪酸、この成分はどのようなもので、どのような効果があるのかちょっとした豆知識をお伝えしていきたいと思います。

 

 

まず脂肪酸には2種類ありまして、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分類されます。

 

これは炭素と炭素の結びつきに二重結合があるかないかによって分けられます。

 

オメガ3系脂肪酸は不飽和脂肪酸になり、有名なところでは青魚に含まれるDHAやEPAなどがオメガ3系脂肪酸にあたります。

 

豆知識としては青魚に含まれていることは有名ですが、実は緑黄色野菜やクルミ、えごま油、シソ油などにもオメガ3系脂肪酸が含まれています。

 

 

ではこのオメガ3系脂肪酸には、どのような効果があるのでしょうか見ていきましょう。

 

まず血液中の脂質濃度を下げてくれる働きがありますので、コレステロールや中性脂肪の低下を促してくれ、これに伴って動脈硬化の進行も予防してくれます。

 

ですので動脈硬化が原因となり起こる心筋梗塞や脳梗塞などのリスクも軽減してくれます。

 

 

豆知識として覚えておくと良いのが毎年流行し患者の数も増えてきている花粉症にも良い効果があるという事と、常に様々な方法が紹介されているダイエットにもオメガ3系脂肪酸が良い効果をもたらしてくれますので、このような症状に悩んでいる方は積極的に摂取しましょう。

 

 

オメガ3系脂肪酸が豊富な食品は一番有名なのはサバやアジなどの青魚ですが、生で食べるのが効果的なので、毎日生の青魚を摂取するのは難しいという方も多いと思いますので、手軽に摂取できる商品はクルミになります。

 

クルミであればおやつとしても、朝食のヨーグルトに混ぜても手軽に摂ることができますので良いですよ。

 

えごまにも豊富ですのでえごまを使った蕎麦もオメガ3系脂肪酸を摂取するには良い食品となります。

 

オメガ3の厳選おすすめサプリ!

品質・配合量・値段などを比較しておすすめのオメガ3サプリを厳選いたしました!

 

数あるサプリメントの中からどれを選んでよいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

オメガ3サプリ比較
>>当サイト、オメガ3サプリのおすすめはこちら<<

 

 

オメガ3 サプリ トップページへ

毎日を健康に過ごすうえで重要なことは食事にありますが、その食事の重要性が認知されることによりある栄養素が注目を浴びています。その栄養素というのがオメガ3系脂肪酸であり、このオメガ3系脂肪酸とは人間が摂取する必要性のある栄養源の一つである脂肪の中の種類です。このオメガ3系脂肪酸は別名飽和脂肪酸と呼ばれ、この脂肪の役割は体の細胞は常に新しい状態にするために古い細胞をなくして新しく作り変えます。その作り変える際にはホルモンや再生を促す細胞を活性化させる必要がありますが、そのホルモンを分泌する組織と再生を促す細胞の栄養源として脂肪が使われるのです。そして脂肪酸はその役割があることから体に溜まる役目を持...
油は、一般的に、トリアシルグリセロールというグリセリンに脂肪酸が3つ付いた構造で、人間の体内でグリセリンと脂肪酸に分けて吸収されます。脂肪酸には多くの種類があり、それぞれ異なった特性を持ちますが、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けることが出来ます。脂肪酸は炭素と水素から出来ており、炭素と炭素の結びつきに二重結合がないものが『飽和脂肪酸』、あるものが『不飽和脂肪酸』です。飽和脂肪酸は化学的に安定した状態で、動物性油脂のように室温で固体になる油に多く含まれています。不飽和脂肪酸は、植物油や魚油などに含まれており、不飽和結合している場所によって、オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸...
オメガ3系脂肪酸は青魚などに多く含まれている不飽和脂肪酸で、体の中で起きている小さな炎症的な変化を軽減し、脂肪などによる血液凝固を防ぎ、細胞組織がガン化することを防ぐ効果があるとされています。オメガ3系脂肪酸は日本近海で獲られる青魚のイワシや鯖などに多く含まれていて、最近では健康志向のために、サプリメントとして薬局などで販売されています。オメガ3系脂肪酸含有食品は健康を維持する上で欠かせない食品であると考えられますが、オメガ3系脂肪酸を効果的に摂取するためには、酸化させない工夫が必要です。焼き魚やフライなどで、高温調理されることで、トランス型の脂肪酸に変化してしまうので、これによって、ガンやア...
ダイエットやアンチエイジングでも注目されている、オメガ3系脂肪酸は、動脈硬化を防ぎ、コレステロール値や中性脂肪値を下げる効果があります。また、心臓病やがん、脳卒中、糖尿病、高血圧などといった、生活習慣病に効果を発揮すると言われております。ですので、オメガ3系脂肪酸は、健康が気になる人には是非、積極的にとって欲しい脂肪酸なのです。しかし、実は食物繊維にも、コレステロール値や中性脂肪値を下げる効果があるのをご存知でしたか。ですので、海藻類や根菜といった、ミネラル、食物繊維が豊富な食材を取り入れる事も、生活習慣病予防には効果的なのです。オメガ3系脂肪酸には、血液をサラサラにする効果があります。そして...
植物性脂肪と動物性脂肪のイメージを比べると、植物性脂肪の方は体に良さそうなイメージですが、動物性脂肪は生活習慣病の原因とばかりに悪のやり玉にあげられがちです。バターやラードなどの動物性脂肪は、主に常温で固まる飽和脂肪酸が含まれていて多量に摂取すると血管を詰まらせるといったイメージがある一方、常温でも液体状の不飽和脂肪酸が含まれている植物性脂肪は血液をサラサラにする油の優等生と考えられているからでしょう。しかし、あまり良いイメージのない飽和脂肪酸にもコレステロールを下げるオレイン酸が含まれていますし、DHAやIPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれている魚の脂は、血液の詰まりを防ぐ作用で有名ですか...
犬や猫など、ペットにもオメガ3系脂肪酸・オメガ6系脂肪酸は必須です。人間と同じようにペット用にもオメガ3・オメガ6のオイルやサプリメントが販売されています。犬の例ですが、昔はリノール酸(オメガ6)のみ必須と思われていましたが、人間と同じようにαーリノレン酸(オメガ3)との摂取バランスが大事です。ドッグフードにはオメガ3系脂肪酸が含まれていないものが多く、そのような食事を与え続けていると摂取バランスが崩れてオメガ6が過剰摂取になりがちです。オメガ6の摂取量を減らしてオメガ3脂肪酸、EPA、DHAを積極的に摂取することが健康を保つ食事です。EPAやDHAはペットにも効果的で免疫力を高めてくれるとも...
オメガ3はたくさんの健康効果がある反面、熱に弱いという特徴があります。そのため、オメガ3を多く含むというえごま油や亜麻仁油は生のまま摂取しなければならず、続けるのが大変であきらめてしまったという人も多いのではないでしょうか。ところが、そんなオメガ3の弱点を克服したオイルが存在するのです!炒め物、さらには揚げ物にも使えるオメガ3オイルがあれば、いつもの油を置き換えるだけで効率よくオメガ3を摂取することができますよ!