オメガ3系脂肪酸が不足している子供の問題行動

MENU

オメガ3系脂肪酸が不足している子供の問題行動

 

油は、一般的に、トリアシルグリセロールというグリセリンに脂肪酸が3つ付いた構造で、人間の体内でグリセリンと脂肪酸に分けて吸収されます。

 

脂肪酸には多くの種類があり、それぞれ異なった特性を持ちますが、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けることが出来ます。

 

脂肪酸は炭素と水素から出来ており、炭素と炭素の結びつきに二重結合がないものが『飽和脂肪酸』、あるものが『不飽和脂肪酸』です。

 

 

飽和脂肪酸は化学的に安定した状態で、動物性油脂のように室温で固体になる油に多く含まれています。

 

不飽和脂肪酸は、植物油や魚油などに含まれており、不飽和結合している場所によって、オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸に分かれます。

 

また、オメガ3系脂肪酸でも、炭素の数、不飽和結合の数によって、αリノレン酸やDHA、EPAなどの脂肪酸があります。

 

αリノレン酸は、亜麻仁油やシソ油に、DHC、EPAは青魚に多く含まれます。

 

 

オメガ3系脂肪酸は、生きるために不可欠なのに体内では作り出さないので、食事で摂取しなければならない必須脂肪酸です。

 

身体の炎症的な変化を軽減し、異常な血液凝固を防いだり、ガンを予防するとされています。

 

 

オメガ3系脂肪酸の不足は、関節炎やアトピー、喘息、ガンなどの多くの病気を引き起こすとされている他、幼児の神経や脳の発達に不可欠であり、不足すると注意欠陥やハイパーアクティビティ障害を起こしやすいことが分かってきました。

 

特にオメガ3系脂肪酸の摂取が少ない場合には、ハイパーアクティビティ障害以外にも衝動的、不安、かんしゃく、睡眠不足などの問題が見られるという報告があります。

 

元々、魚を多く食べる習慣のあった日本人ですが、食生活の変化でオメガ3系脂肪酸が不足しがちになり、いろいろな病気が急増したと考えられています。

 

オメガ3の厳選おすすめサプリ!

品質・配合量・値段などを比較しておすすめのオメガ3サプリを厳選いたしました!

数あるサプリメントの中からどれを選んでよいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

オメガ3サプリ比較
>>当サイト、オメガ3サプリのおすすめはこちら<<


オメガ3 サプリ トップページへ