オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の違いとは?

MENU

オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の違いとは?

 

オメガ3系脂肪酸は青魚などに多く含まれている不飽和脂肪酸で、体の中で起きている小さな炎症的な変化を軽減し、脂肪などによる血液凝固を防ぎ、細胞組織がガン化することを防ぐ効果があるとされています。

 

オメガ3系脂肪酸は日本近海で獲られる青魚のイワシや鯖などに多く含まれていて、最近では健康志向のために、サプリメントとして薬局などで販売されています。

 

 

オメガ3系脂肪酸含有食品は健康を維持する上で欠かせない食品であると考えられますが、オメガ3系脂肪酸を効果的に摂取するためには、酸化させない工夫が必要です。

 

焼き魚やフライなどで、高温調理されることで、トランス型の脂肪酸に変化してしまうので、これによって、ガンやアレルギー、心臓疾患を起こしやすい体質になってしまいます。

 

特に植物油によって揚げられた青魚のフライなどには、たくさんのトランス脂肪酸が含まれているので注意が必要です。

 

 

またトランス脂肪酸は病気や老化の原因である活性酸素を発生させることが知られていて、細胞を酸化させる物質が増加することによって、人体のDNA損傷などが頻繁に起きるようになって、最終的にはガンの原因ともなります。

 

植物油を抽出したマーガリンが心臓冠動脈疾患、ガンの原因といわれるのはマーガリンに含まれているトランス脂肪酸のことを指しています。

 

 

オメガ6系脂肪酸はオメガ3系脂肪酸とは違い、コーン油やゴマ油、マヨネーズなどに使用されている植物油のリノール酸や、動物性の脂肪に多く含まれています。

 

過剰に摂取されるとオメガ6系脂肪酸は、動脈の内部に付着して、動脈硬化や心筋梗塞の原因になりますが、このオメガ6系脂肪酸は適度に獲ることで、ビタミンEやAなどの吸収を補助して、地肌を保護するなどの働きをしています。

 

オメガ3の厳選おすすめサプリ!

品質・配合量・値段などを比較しておすすめのオメガ3サプリを厳選いたしました!

数あるサプリメントの中からどれを選んでよいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

オメガ3サプリ比較
>>当サイト、オメガ3サプリのおすすめはこちら<<


オメガ3 サプリ トップページへ