オメガ3系脂肪酸を多く含む食べ物は?

MENU

オメガ3系脂肪酸を多く含む食べ物は?

オメガ3食べ物

 

オメガ3系脂肪酸を食事から摂りたいとき、何を食べればよいでしょうか。

 

オメガ3系脂肪酸について

 

オメガ3系脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種で身体に不可欠な成分ですが、人間の身体の中で合成出来ない物質のため、食べ物から摂取しなければなりません。

 

オメガ3系脂肪酸にはコレステロールや中性脂肪が増えるのを抑えるという働きがあり、生活習慣病の予防などにも効果を発揮する大切な栄養素です。

 

オメガ3系脂肪酸はDHA・EPAという物質で、これはサバやイワシなどの青魚に多く含まれています

 

 

また、えごま油亜麻仁油といったオメガ3系植物油にはα-リノレン酸という形で含まれており、α-リノレン酸は体内に入るとDHAとEPAに変換されます。

 

青魚が苦手、自炊をしないという人だと、えごま油や亜麻仁油から摂取する方が手軽で続けやすいかもしれませんね。

 

オメガ3系脂肪酸を多く含む植物油

 

オメガ3系脂肪酸を多く含む植物油として、えごま油や亜麻仁油がスーパーなどでもお手頃価格で手に入りやすいです。

 

えごま油

 

最初に、間違えやすいですが「えごま」は「胡麻」の仲間ではありません。

 

したがってごま油とは全くの別物ですので、勘違いしないようにしてくださいね。

 

えごまは、シソ科の植物なので「しそ油」といえばわかりやすいでしょうか。

 

そのえごまから採れた油が、えごま油というわけです。

 

 

えごま油は熱に弱いという特徴があるので加熱調理には向かず、そのまま摂取することが望ましいです。

 

ただ、独特の風味があり、魚臭いとか生臭いという人もいるので、気になるようならみそ汁や納豆などに混ぜて食べるようにするとよいでしょう。

 

亜麻仁油

 

亜麻仁(アマニ)は、亜麻科植物の種子で亜麻仁油は別名「フラックスシードオイル」とも呼ばれています。

 

えごま油よりもクセが少ないといわれる油ですが、やはり熱に弱いためそのまま摂るようにしましょう。

 

ドレッシングにしてサラダにかけたり、マリネやカルパッチョに使ってもおいしいです。

 

食べ物以外から摂取する方法

 

オメガ3系脂肪酸を毎日の食事から継続的に摂れれば良いですが、毎日青魚を食べるのは大変です。

 

えごま油や亜麻仁油からも摂取はできますが、植物油のオメガ3系脂肪酸はα-リノレン酸なので体内でDHA・EPAに変換する必要があるため、効果の見込める必要量を継続して摂り続けるのはなかなか大変かもしれません。

 

そんな時に利用したいのがDHA・EPAのサプリメントです。

 

サプリなら1日○粒、と決められた量を飲むだけ。

 

毎日の食事にサプリをプラスするだけで、オメガ3系脂肪酸を効率的に摂ることができます。

 

まとめ

 

オメガ3系脂肪酸は様々な効果が期待できる反面、熱に弱く酸化しやすいという弱点もあるため、効率的に摂取するのが難しいと思われがちです。

 

ですが、食べ方を工夫したり、上手にサプリメントを利用したりすれば続けることも難しくはありません。

 

体のために、毎日の食卓でオメガ3系脂肪酸を摂り入れましょう。

 

オメガ3の厳選おすすめサプリ!

品質・配合量・値段などを比較しておすすめのオメガ3サプリを厳選いたしました!

数あるサプリメントの中からどれを選んでよいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

オメガ3サプリ比較
>>当サイト、オメガ3サプリのおすすめはこちら<<


オメガ3 サプリ トップページへ