オメガ3のオイル一覧!体に良いといわれる有名な油の種類

MENU

オメガ3のオイル一覧!体に良いといわれる有名な油の種類

オメガ3オイル 油

 

オメガ3オイルは不飽和脂肪酸で、体にとってなくてはならない油だけれど体内で作ることができないため、食品から摂り入れる必要があります。

 

「油」というと、太る・中性脂肪がたまる・動脈硬化を引き起こすなどマイナスイメージが強いですが、オメガ3は全く逆の性質を持つ、体に良い油なんです。

 

 

動脈硬化予防、コレステロール値調整、高血圧予防、心臓疾患の予防など、オメガ3を摂ることによって生活習慣病・成人病と呼ばれる疾病のほとんどを予防することができるのです。

 

さらに、脳の血流を良くして脳を活性化する効果もあるため、認知症予防に効果的とも言われます。

 

 

そんなオメガ3オイルは様々な食品から摂ることができますが、ここではスーパーなどで割と簡単に手に入れることのできる植物オイルから、ネットなどでしか手に入らないサプリメントなど、有名なものの中から特におすすめしたいものを厳選してご紹介していきます。

 

 

オメガ3オイルとは

 

はじめに、そもそもオメガ3オイルって何?というところから説明したいと思います。

 

オメガ3オイルはDHA・EPAから成り、青魚に多く含まれています。

 

えごまやアマニなどの植物油にはαリノレン酸という形で含まれ、これが体内でEPA・DHAに変換されます。

 

 

オメガ3の主な働きは、血中の悪玉コレステロールを低くし、善玉コレステロールを高める働きをします。

 

また、血圧を下げ、血栓の危険性を低くする効果も報告されています。

 

ただし酸化しやすく熱に弱いという性質があるため、用途が限られてしまい使いにくいという難点もあります。

 

このようなメリット・デメリットを活かしたオメガ3の商品や使い方などをこれからご紹介していきますね。

 

 

オメガ3オイルの種類

 

オメガ3オイルには、動物性のオイルと植物性のオイルがあります。

 

それぞれの特性を理解し、用途によって使い分けたり、使い方を工夫して毎日続けていきましょう。

 

 

動物性オイル

 

最も有名なのが青魚由来のEPA・DHAです。

 

まぐろ(脂身)、ブリ、サバ、さんま、いわしなどに多く含まれ、加熱したものよりも生食で摂ることが望ましいです。

 

1日の摂取目安量は、まぐろ(脂身)なら4〜5切れ、いわしなら2尾が目安です。

 

オメガ3を生魚から毎日摂ることはなかなか難しいので、サプリメントという形で摂るのが一般的なようです。

 

 

EPA・DHAのサプリメントも青魚由来のものだけでなく、オキアミというプランクトンから採れた「クリルオイル」というものもあり、選ぶときに迷ってしまうかもしれません。

 

また、EPA・DHAを豊富に含むマグロを捕食するアザラシもオメガ3含有量は高く、近年「ハープシール(アザラシ)オイル」というサプリメントも注目を集めています。

 

 

原材料や製品によって吸収率や価格が違うので、総合的に判断して自分の納得のいく商品を選ぶようにしましょう。

 

 

植物性オイル

 

オメガ3はナッツ類にも多く含まれますが、オメガ3の植物油で特に有名なのはえごま油、アマニ油です。

 

これらはスーパーでも比較的簡単に買うことができ、1日小さじ1杯程度摂ればいいという手軽さもあって、オメガ3に興味がある人には始めやすいのではないでしょうか。

 

ただ、注意が必要なのが「加熱に向かない」ことと「酸化しやすい」ことです。

 

オイルをそのまま飲むか、出来上がった料理にかけるという摂り方になるのでどうしてもワンパターンになってしまい、飽きてしまって挫折するという人も中にはいます。

 

 

また、最長でも2カ月以内には使い切らないと油が酸化を起こして劣化してしまうので、使い切れずにやめてしまったという話もたまに聞きます。

 

でも、オメガ3のいろいろな効果やメリットを考えると、せっかく興味を持ったのに続けないのはとてももったいないことです。

 

そういう人のために、オメガ3オイルを美味しく摂る工夫や、加熱に強い進化形オメガ3オイルなども各ページで詳細に解説していますので是非ご参考にしてくださいね。

 

 

オメガ3オイルのまとめ

 

オメガ3は、食品、サプリメント、植物油など様々な形で摂ることができます。

 

オメガ3の効果は、1日や2日摂取したからといって得られるわけではありません。

 

毎日継続して摂り続けることで、じわじわと実感できていくものです。

 

オメガ3オイルのそれぞれの特性をよく理解して、自分のライフスタイルに合った商品を選ぶことが毎日続けるコツなのです。

 

やっぱいオメガ3はサプリメントから摂取するのが一番効率的です。

 

当サイトでは品質・配合量・値段などを比較し、おすすめのオメガ3サプリを厳選してまとめています。

 

数あるサプリメントの中からどれを選んでよいか悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

オメガ3サプリ比較
>>当サイト、オメガ3サプリのおすすめはこちら<<

 

 

オメガ3 サプリ トップページへ

 

「エゴマ」はシソ科の植物で、インドや中国雲南省の高地が原産地といわれています。見た目はシソの葉(大葉)よりひと回りほど大きく、韓国料理によく使われます。大葉が爽やかな風味なのに対して、えごまはややクセがあるので好き嫌いがわかれそうです。えごま油は、葉ではなくえごまの実から採れた油のこと。しそ油、の名で販売している商品もありますが、中身はえごま油と同じものです。えごまの実に含まれる油は40〜60%ありますが、圧搾法で抽出できる油はその中の3分の2程度です。つまり、1キロのえごまの実から採れる油は約300CCということ。貴重ですね!えごま油のオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)の含有率は約60%と非常に...
亜麻仁油は、欧州の地中海地方の自生植物「アマ」の種子から採れる油でフラックスシードオイルとも呼ばれています。アマニの栽培は、寒冷地に適しており、カナダやオーストラリア、ニュージーランド等が生産国です。亜麻仁油はえごま油と並びαリノレン酸の含有量の高さで注目を浴びたオメガ3オイルの代表格ですが、その他に美容効果の高い成分も豊富なことから特に女性から人気があります。たとえば、リグナンという成分は抗酸化作用を持つポリフェノールの一つ。リグナンというとゴマリグナンが有名ですが、実はゴマにはリグナンは0.6%しか含まれていません。一方でアマニに含まれるリグナンはなんと1.2%、約2倍ですね。リグナンはコ...
チアシードオイルとは、主にメキシコなど南米で栽培されているシソ科サルビア属ミントの種から採れたオイルです。スーパーフードブームで話題になったチアシードは「強さの種」という意味なんだそうです。チアシードは直径2ミリくらいのゴマのような見た目で、食物繊維やαリノレン酸、アミノ酸が豊富です。チアシードオイルに含まれるαリノレン酸は約60%と、オメガ3オイルの中でもきわめて高い含有量です。さらりとしてオメガ3オイルの中では最もクセがない、使いやすいオイルだといえます。色は、オレンジに近い黄色です。アンチエイジングオイルとして肌にも使えるのが特徴で、伸びが良く、肌への浸透力にも優れています。
インカインチオイルは、ペルーアマゾン熱帯雨林に昔から生息する蔓性常緑樹の実、インカインチ種子から搾った油です。サチャインチオイル、グリーンナッツオイルという商品名で販売されているものもありますが、どれも中身は同じものです。原料となるグリーンナッツは、現地ではそのままでも食べられているそうです。ペルーでは現地健康増進プログラムに取り入れられ、妊婦の栄養食として推奨されている食品なんだそうですよ。このオイルの凄いところは、αリノレン酸含有率50%、さらに抗酸化力のあるビタミンEを100g中200mgも含んでいるところ。リノール酸とオレイン酸の配合バランスも良く、そのためオメガ3ではタブーとされてい...
カメリナオイルはカナダのサスカチュワン州原産のカメリナサティバという、アブラナ科の植物の種子から採れる油です。和名ではナガミノアマナズナといいます。カメリナオイルが注目されているのは、なんといっても熱に対する強さです。インカインチオイルも熱に強いオメガ3ですが、カメリナオイルの凄いところは「揚げ物もOK」なところ。150度で30分の調理が可能、ということでオイル煮や揚げ焼きだってできてしまうのです。これなら、生食用と加熱用と2本そろえなくても、カメリナオイルさえあれば何にでも使えるので無理なく続けられそうですね。気になる風味ですが、ナッツのような、レタスのような香りと表現されることが多いようで...
オメガ3オイルとして今、注目を集めているのがクリルオイルです。クリルオイルとは、南極の海に棲むオキアミという動物プランクトンから採れる油です。オキアミとは、外見はエビに似ていて体調は約6センチ、体重は最大2グラムにまで成長し、寿命は最長で6年といわれています。オキアミ自体はタンパク質と脂質が多く、ビタミン類や食物繊維の一種のキチン類、アスタキサンチン(カロテノイド)も多く含みます。オキアミのえさは、植物性プランクトンです。オキアミは小型の魚のえさとなり、海の食物連鎖は徐々に大きな魚へと続いていきます。一般に、メチル水銀やダイオキシンなどの有害物質は、食物連鎖の頂点に立つマグロ・カジキ類などの大...
ハープシールオイルとは、アザラシ由来の油脂です。ハープシールとは日本名「タテゴトアザラシ」で、大人になると体長1.7m、体重130kgにまで成長し寿命は約30年といわれています。子供は約11kgの体重で生まれ、成長時には1日に約2kgも大きくなります。日本ではあまりなじみのないアザラシですが、ニューファンドランド・ラブラドル地方では古くから産業に関わっており、肉は食肉として利用され、現地では缶詰にもなっているほか、毛皮は革製品に、油は健康食品や生活油として利用されています。イヌイットと呼ばれる北極圏で暮らす人たちはタンパク源をアザラシから摂っており、総摂取エネルギーに対する脂質の割合が35〜4...